辛抱してこそ花開く

公開日: 

1352161597

【辛抱してこそ花開く】

Facebook を見ていたら、素敵な言葉と出逢いました。

『辛抱してこそ花開く』

本当にそうだと思いました。

辛さから逃げれば、そこに魂の進化はありません。

「辛い」は抱きしめることです。

「辛い」を抱きしめた時、それは辛さとは違う何かへ変わると気がします。

そして、「辛い」を抱きしめ続けると、辛さは自分の肥やしとなって、1つ上の舞台へと自分を押し上げてくれます。

その舞台があるから、花咲かすことが出来ます。

辛抱してこそ花開く。

マジで言えてます。

また、辛抱は「芯」と「棒」です。

辛抱をすると、芯と棒が生まれます。

自分軸のことです。

何が起きても動じない自分軸は、辛抱することで手にすることが出来ます。

僕のまわりを見ていると、辛抱のできない人は大成はしていませんね。

大成している人は、皆、辛抱して花を咲かせています。

辛抱は大切です。

僕もまだまだです。

辛抱し、1つ上の舞台で花を咲かせます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑