神様がいう「好きなことだけをして生きる生活」とは?

公開日: 

1352161597
好きなことだけする生活というと、朝から1日遊んで過ごすようなことを思い浮かべます。

自分の欲を満たす生活、快楽を求める生活をイメージしがちです。

「お金持ちになりたい」、「海外旅行へ行きたい」、「贅沢なグルメを食べたい」、「大きな家に住みたい」、「理想の異性を出逢いたい」、「ブランド品がほしい」などです。

しかし、好きなことだけする生活とは、そういうことではありません。

僕が神から教わった話をします。

好きなことだけする生活とは、自分の欲を満たすことでもありませんし、快楽を求める生活でもありません。

その逆です。

自我の欲を捨て、「今」という瞬間に意識を置いて生きることだと教わりました。

そして、今ある環境に感謝をすることです。

今の環境に幸せへ意識を向けることです。

自分が持っていないものに意識を合わせるのではなく、持っているものに意識を合わせることです。

住む家がある、着る服がある、食べ物があれば、そこに意識を合わせ感謝することです。

神に与えられた「今、この瞬間」は、自分とり最高のシュチュエーションです。

自分の幸せの全てが詰まっています。

自分とり都合の良い出来事も、都合の悪い出来事も、体験することで、学ぶ楽しさを感じることが出来ます。

意識を「今」に置いて生活してみると、本当の楽しさが湧いて来ます。

幸せを感じるようになります。

人間は、瞬間瞬間、自分の望むことを選択することできます。

好きなことだけを選択すれば良しです。

嫌事を無理にする必要はありません。

自分に許された範囲で、自分の好きなことだけをすれば良しです。

これが好きなことだけをするという意味です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑